2012年07月28日

お引越ししました。

こちらのブログからお引越しをいたしました。
ブログ名を同じです。
アドレスはこちら
http://crohns-life.gomajiro.net/
またリンクサイトは随時移行させて頂きます。m(__)m
posted by 胡麻衛門 at 23:19| Comment(0) | 日記のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月20日

やっぱりというべきか…。

先日、寝不足からお腹の動きが悪くなり、ちょっと便秘気味になったことを記事にしました。
昨日は、意識的に睡眠時間を多く取れるように、いつもより早めの就寝。と言っても30分程度ですが…。

たかが30分、されど30分。この差が大事なんでしょうね。
いつもなら、睡眠中に必ずトイレに起きるのですが、昨晩は朝までグッスリ。眠い(睡眠)眠い(睡眠)

朝は以前と同じように、排便というスタイルに戻りました。手(チョキ)
恐らくなんですが、先日の休みに娘のチャリンコをバージョンアップしていた時に、脱水を起こしていたのも尾を引いているのかもしれないですね。現に体重も少し減ってきていますし、手指のかさつきも目立って来ました。

しばらくは鼻注でしっかり栄養を蓄えようとおもいます。

栄養は大事と思ったら。ポチッと。
にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村
posted by 胡麻衛門 at 09:45| Comment(0) | 日記のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月18日

今度は便秘症状ですかい?

a0007_001343.jpg以前、寝不足で下痢?という記事をかきました。

実は、今回はその逆の症状の便秘です。もうやだ〜(悲しい顔)

完全にイレウス症状ならば、リバースの兆候が現れるのですが、それとも違い、単純に便が滞留している感じ。腸の蠕動運動がゆるいとでも言うのでしょうか?
結果的には、時間が経つとお腹も動き出し時間はかかりますが、溜まっていたものはすべて出てくれます。

実は、先日の旅行の際も同じ症状が現れ、朝はトイレの往復です。出そうで出ない、これがしんどいんですよね。ふらふら

まぁ、一般的に旅行先では便秘になる条件がいろいろあるようなので、誰しも経験はあるかもしれませんが、自分の場合はちょっと勝手が違いますね。出先での体調不良はほんとに心底疲れます。もうやだ〜(悲しい顔)

あまり原因追求はしないようにしてはいるのですが、さすがに便秘となると、その裏に潜んでいるリスクが脳裏をよぎります。
今朝もこの症状で、トイレにこもっていると、なぜか「寝不足」のキーワードが出てきました。

ちょっとグーグル先生に聞いてみると、やはり睡眠不足では下痢や便秘の症状が発症するらしいのです。ひらめき
そういえば、旅行の時も就寝こそ早かったものの、物音や深夜のトイレの音などで、時折覚醒していたので、結果的には、寝不足状態。
今朝も同様、昨日の昼間にちょっとうたた寝してしまい、これが夜の睡眠に影響し、就寝時間が遅れることに…。さらに、これに食べ過ぎ?の要因も加わったかもしれません。
何れにしても、睡眠不足はいい結果をもたらさないということですね。あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

睡眠って大事と思ったら。ポチッと。
にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村
posted by 胡麻衛門 at 14:41| Comment(0) | 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月14日

梅雨ですね。

a0050_000159.jpgこんにちは。
全国的に梅雨空が続いていますね。ニュースでは九州方面では記録的な豪雨でさまざまな被害が出ているようですが…。
ほんとに今年は天候がおかしいですよね。やはり発端は東北の震災でしょうか…。

ところでこの季節になると、好きな花があります。写真にもあるように「紫陽花」です。
なぜかはわかりませんが、梅雨の合間の季節を感じさせてくれる花で見てて落ち着きます。
実家にいた時には田んぼのあぜ道に一列に咲き乱れ、雨の中綺麗な色をしていたのを思い出します。

自宅近くでもちらほらと咲いているんですが、他所様の宅地内をじっくり見るわけにも行かず…。

紫陽花の豆知識として、咲いている花の色って青から紫、いろいろありますよね?
あれって、紫陽花の植わっている土壌に影響されるって話らしいです。が、同じ株でも白色があったり紫があったりするので、本当かどうか微妙な部分もありますが。
一応、ウィキペディアで調べてみると

花の色

花(萼)の色はアントシアニンという色素によるもので、アジサイにはその一種のデルフィニジンが含まれている。これに補助色素(助色素)とアルミニウムのイオンが加わると、青色の花となる。

土壌のpH(酸性度)によって花の色が変わり、一般に「酸性ならば青、アルカリ性ならば赤」といわれている。これは、アルミニウムが根から吸収されやすいイオンの形になるかどうかに、pHが影響するためである。すなわち、土壌が酸性だとアルミニウムが溶け出し、吸収されて花が青色となる。逆に中性やアルカリ性であれば、アルミニウムは溶け出さず吸収されないため、花は赤色となる。したがって、花を青色にしたい場合は、酸性の肥料や、アルミニウムを含むミョウバンを与えればよい。同じ株でも部分によって花の色が違うのは、根から送られてくるアルミニウムの量に差があるためである。花(萼)1グラムあたりに含まれるアルミニウムの量が、およそ40マイクログラム以上だと青色になると見積もられている。品種によっては遺伝的な要素で花が青色にならないものもある。これは補助色素が原因であり、もともと量が少ない品種や、効果を阻害する成分を持つ品種は、アルミニウムを吸収しても青色にはなりにくい。

また、開花から日を経るに従って、花の色は変化する。最初は含まれる葉緑素のため薄い黄緑色で、徐々に分解されていくとともにアントシアニンや補助色素が生合成され、赤や青に色づいていく。さらに日が経つと有機酸が蓄積されてゆくため、青色の花も赤味を帯びるようになる。これは花の老化によるものであり、土壌の変化とは関係なく起こる。

花の色が緑になることがあり、観賞用として緑の花が販売されることもある。花が緑色の品種もあるが、日本ではファイトプラズマ感染による「アジサイ葉化病」にかかったものも稀にみられる。この病気の治療法は知られておらず、感染拡大を避けるため発病株は処分したほうがよいとされる。


とあるので、全くの嘘ではないようですね。^^;

ポチッと!
にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村
posted by 胡麻衛門 at 08:00| Comment(0) | 日記のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月12日

感覚的なものではありませんでした。

a0003_000825.png昨日は、月一の外来でした。(^_^;)
前の記事で書いたように、本当に8週目?と思うような体調の安定さがあったのですが、採血のデータを見るまでは今ひとつ信じられない感じでした。

この日はレミの投与日でもあったので、3時間みっちり拘束された後に診察です。
毎度のことなんですが、投与前のバイタルチェックでは微熱が出てるんですよね。今回も37.3℃。微妙…。
まぁ、レミは結局したんですけどね。(^_^;)

投与中はiPodで音楽聞いたり携帯でmixiチェックしたり、それなりに楽しんでますが、ものの数分もしないうちに眠りの世界へ突入してしまいます。なんかそういった作用の薬が入ってるのか?
3時間の拘束が終了し、診察に向かったのですがなんだか体が火照ってる感じで、ポーッとしてました。

診察で、採血結果を見たのですが、貧血も正常値まで回復。アルブミン、蛋白なども問題ないレベルまで上昇。おまけにCRPまでちょっと上がるというおまけ付き。と言っても0.29で陰性のギリでした。ε-(´∀`*)ホッ

感覚的に良い調子というのは採血のデータでも立証された感じです。特に何をしたわけではないですが、こんなパターンが維持できればいいなと思いました。v(´∀`*v)ピース

ポチッと!
にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村
posted by 胡麻衛門 at 23:10| Comment(0) | 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。