2012年03月24日

ついに…。

日は、マイバースデー。


ついに、40の入り口に立ってしまいました。あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

40と言えば、ある薬用酒の告知には、男性は8の倍数、女性は7の倍数の年齢の時に、体調が変化するとある。
自分もその枠に当てはまるのだが、+方面に変化してくれれば良いのだが…。

誕生日という事で、豪華なディナーと言う事もなく、ごくごく平凡な1日でございましたが、娘からプランターに咲いていた花で作った花束と、お手紙と1通。

この手紙を読んでみると、暗号文のような文字で


「おとうさん、たんじょうびおめでとう。きょうはげえむせんたあいってね。」たらーっ(汗)たらーっ(汗)

実は、近所のショッピングモールにあるゲーセンでは、誕生日にメダルゲームで遊べる、メダルをもらえるのだ。
この事をしっかり覚えていて、手紙に書いたらしい…。

自宅に持ち帰ってくると思っていた娘は、手ぶらだった自分をみてがっかりした様子だったが、次の休みの時には、有無を言わさずゲーセンに連れて行かされる事間違い無しです。
あせあせ(飛び散る汗)

頑張れよ!って思った方はポチッと!
にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村
posted by 胡麻衛門 at 00:00| Comment(1) | 日記のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

2012.3.11 あなたは何をしましたか?

1年前のこの日に、死者15,000人超の被害をもたらした大地震、津波が発生しました。
ちょうどこの日は、勤務中。複合ビルの為微少な揺れは感じる事が少ないのだが、この日ばかりは船にのって波に揺られているようなフワフワした感覚を味わった。

PCに入れている地震速報のソフトは頻繁に起こっている地震を感知して、次から次へ表示が切り替わり、ただ事では無い気配でした。職場のテレビをつけてみると、東北の海岸線などの中継が映し出されており、あっという間に市場まで津波が押し寄せ、トラックなども軽々と流れていく様子をみました。

東北で起きた地震がまさか自分の地域まで影響しているとは思っても見ませんでしたし、日を追うごとに被害の大きさが明らかになる惨状に恐怖すら覚えました。
Twitterでは、様々な救援の情報が流れ、自分も少しながら協力できればと思い、内容を確認しつつRetweetしていました。

またある方は、テレビ番組(某国営放送)をツイキャスで放送したり、これに有名人も賛同する場面も見られました。
後に、某国営放送自らが、ネットで配信するということを行った事につながりましたが…。

目の前で起きている惨劇に、自分として何ができるか?
支援物資を送る?いや、道路が寸断されているところが多く、物資を搬送できないようだ…。
むしろ、影響がないはずのこちらの地域まで買い占めなどの影響が出てきてしまい、至る所で品切れや価格高騰状態。

考えたあげく、義援金で僅かながらサポートさせていただく事にした。
クレジットカードのポイントで約5,000円ほど、Appleのサイトから日本赤十字にワンコイン。
さらに、iTunesストアで復興支援ソングのアルバムを購入(一部が義援金に)

と行ってみた。

あれから、もう1年が経過したわけですが、復興とはまだほど遠い現状があります。
未だ、行方不明となっている方も3,000人超。合わせて原発の影響もあり、なかなか思うように進んでいないようです。

この日は、家族で外出していたのですが、公園で遊んでいると黙とうのご協力をお願いするアナウンスが…。
周りを見ると、子供たちが無邪気に遊ぶ一方で、親たちは黙とうを捧げている。

娘にはなかなか理解しがたい事かもしれないが、地震が起きた事だけは理解している。
1年が経過したから、支援も終わりではなく、小さな事でも構わないので続けていく事が大事だと、改めて思いました。
posted by 胡麻衛門 at 00:00| Comment(0) | 日記のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月10日

えっ!?寝不足で下痢?

月に入ってから、レミが切れたような症状が現れてきました。
以前の投与から一ヶ月しか経っていません…。

と言うのも、下痢の回数が多くなり仕事中でも数回トイレに行かなくてはならないほど…。
レミが効いている時はそこまでの事はなく、便の回数も4〜5回ほどで落ち着いていました。
今月に入ってからは、さらに数回がプラスされ多い日には二桁になりそうな程…。

外来でもその旨の話をしたのですが、7週投与は見送られキッチリ8週目に予約されました。


ここまで落ち着かないと、休日もおちおち外出ができなくなり、プチ引きこもりになるかも。
一応、対策として下痢止め(ロペミン)の服用を増やしてみたり、お腹にカイロを貼ってお腹を暖めたりしてみたんですが、一向に回復する気配なし。もうやだ〜(悲しい顔)

ここ最近で変わった事を回想してみると…。

寝不足…。

このキーワードにたどり着きました。
調子が良かった時の感覚で就寝時間も遅くなり、その状態が繰り返されていたので、いろんな意味でお腹が反応していたのでしょう。

寝不足だった原因は、iPadの発表会の深夜Ustを見たり、単純にテレビやゲームで夜更かしなど…。

じゃ、寝不足で下痢が起こるのかネットで検索してみると…。

寝不足による過敏性腸症候群

寝不足が下痢の原因になることもあるのをご存じですか?
腸というのは自律神経に支配されています。寝不足になると、自律神経による、体の活動と休止のモードの切り替えに乱れが生じ、この結果腸の動きにも異常が出やすくなるのです。排便は自律神経の休止モードで促進されますが、寝不足によって、不適切な時間帯に強い休止モード命令が出ると、異常に強い腸の蠕動運動がおこり、下痢の症状を起こしてしまうことがあります。

暑い夜によく眠れなかったり、昼間の戸外の活動で思っている以上に体が疲れていたりすると、睡眠が不足しがちです。睡眠時間は意識して確保しましょう。


とあり、夏場に限らず寝不足状態が続くのは良くない事を身にしみて感じました。
これからは、寝不足に気を付けて生活をしなくちゃ…。
posted by 胡麻衛門 at 14:28| Comment(0) | 日記のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

少し癒しを…。

最近ニュースで話題になった極小カメレオンです。
爬虫類NGの方は…。


posted by 胡麻衛門 at 16:28| Comment(1) | 日記のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

思い起こせば…。

ローン病になってからすでに14年もの月日が経過しているのですが、ここ最近は時折昔の事を振り返ったりしています。
今は、レミケードやヒュミラなどが当然のように処方・投与されている時代ですが、自分の発症当時は当然こういった薬物療法なんてのはほとんどありませんでした。

食事は低脂肪・低残渣、エレンタールをしっかり取って、ペンタサ、ビオフェルミンを服用ってのがずーっと続いていた訳です。当時は今ほどネット上にクローンの情報もありませんでしたし、主治医から言われた事を忠実に守っていたつもりですが、今思い起こせば、もっとしっかりと情報を掴んでいれば2回目のオペは回避できなのでは無いか?とも思います。

当時は鼻注のみで3パックを通常の濃度で溶かし、指示通り100ml/hで投与していたんですが、時折就寝中に粗相をしてしまう事があり、さすがに凹む時がありましたね。下痢は当然とは思っていたんですが、まさか鼻注でも起こるなんて想像もしていませんでしたから…。(この時点で濃度と速度の重要性に気づいていれば…。)

資料としてももらったのは数冊の冊子程度、どれも内容は似たり寄ったり。
食事は…。栄養剤は…。薬は…。

まぁ、こればかりではないのですが、様々な要因が重なり結局2回目のオペをせざるを得ない状況に陥り、小腸を大幅に切除。

それ以降も一進一退を繰り返し、レミケードの投与が認可され始め、これで劇的に…。と甘い思惑があったのですが…。
たしか認可がでた直後は投与条件がかなり厳しく、数回までって制限があったような…。

年明けの入院で、病気について再認識し、エレンタールの重要性(いかに下痢をさせずに吸収させるか)にも気づきました。
えっ!?今頃?って言われそうですが、今までは本当に事務的にこなしていた感じなんですよね。
ご飯食べて、薬飲んで、鼻注やって…。栄養が吸収されているかどうかなんて、全く考えてませんでした。

入院中に見つけたブログの管理人の方の考え方に共感したり、その考え方を自分なりにアレンジしてみたり…。
まだまだ当分の間は、こいつ(クローン病)と付き合わなければならないので、良い状態をキープしてこいつと付き合っていく、方法を見つけたいと思います。


頑張れよ!って思った方はポチッと!
にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村
posted by 胡麻衛門 at 11:20| Comment(0) | 日記のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。