2012年05月19日

鼻注のポンプが調子悪い…。

以前使っていたテルモのポンプは、操作やチューブの設置も簡単で、アラーム音もホント静かでよかったんですが、今のモデルはアラーム音を最小にしてても、イラッとくる音量。

先日、業者からの連絡で半年経過しましたので、ポンプの交換をしますとの連絡があり、いつものように交換を済ませ、いつものように鼻注を満喫しておりました。
が…。

少し前から、一度使用したチューブを再使用すると、99%の確率で「閉塞」エラー表示がでて、全く鼻注が開始できず仕方なくチューブを変えると、何事も無かったかのように稼働し始める。ちっ(怒った顔)

こんな状況で数日使っていましたが、「今日は大丈夫か?」と思って再使用するとピーピーと警告音がなり、気づいた時には拳が…。手(グー)手(グー)手(グー)

次の交換までは半年あるし、こんなんじゃチューブがいくつあっても足りなくなる。
業者に連絡し、ポンプの交換をお願いしました。幸い、職場に近い事務所ということもあり、翌日交換となったのですが、交換の際に担当から「どのエラー表記が出てましたか?」とエラー表記の一覧表を見せてもらい、表示を見てみると「閉塞」と思っていたエラーは実は、ワンタッチクランプ(クレンメ?)の部分の汚れとか、正しくセットされてないと…。

ふざけんじゃないぞ!。こっちは15年鼻注やってんだ、大抵のエラーは理解できるが、1日使ったチューブを翌日も使ったくらいで汚れているだと!。
こんな相性の合わないポンプは初めてでした。結局手元にきたのは、以前まで自分が使っていたもの。

交換後、いつものように使い回しのチューブをセットしてみましたが、何の不具合も起こさず、せっせとエレンタールを運んでくれています。あせあせ(飛び散る汗)

今回の交換で担当からポンプの操作マニュアルや、エラー表示の説明一覧をもらいました。
一覧表を見て一言…。「エラーの表示ってこんなにあるんだ…。」

ポチッと!
にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村
posted by 胡麻衛門 at 14:03| Comment(0) | 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。