2012年02月14日

車検なう。

応、車関係のカテゴリも作ってあったので、久々の車ネタ。(・∀・)
Photo0021.jpg先日、マイカーの車検が近づいてきたので、ディーラーに車を持ち込みました。すでに7年を超え8年目になります。ヮ(゚д゚)ォ!

基本的には通勤と時折の遠出(旅行)程度の使用なので、距離数もそこそこ。ガタが出るところはでるもんです。(^o^)丿
車検の見積もりを貰うと、予想していた額よりお値打ちプライス。(^^)
更に、自分で交換できる作業(ワイパー交換や、エアクリ交換など)を外し、改めて見積もりを貰うと更にお値打ちに!。ネット予約割や、早期割引などもあわせて効いているようで、予算内にらくらく収まりました。v(´∀`*v)ピース

気になる点をこの際いじってもらおうと、2点お願いしてみると、以外に快諾してくれたのでよかった。
特に、リヤの雨よけ(バイザー)は粘着テープの粘着力が全く無いので、取付金具でくっついているだけ。走ると左右両方からカタカタと音がするし、いつ落ちるかビクビクでした。
ホントは自分で両面テープで補強するつもりでしたが、結局のびのびになってしまい、この際にお願いした次第です。
(実は、正規でお願いするとうん千円も費用がかかることは、以前サービスの人とのトークで知っていたのです。(^_-)-☆)

点検で1日半かかるので、一応代車を借りたのですが、なんと新型のデミオでした。(・∀・)

最近は、アイドリングストップやらハイブリッドの車種が増えてきていますが、この代車もアイドリングストップを装備しており、低燃費をアピールしています。

このアイドリングストップって慣れないと、違和感ありますね〜。
インパネにアイドリングストップしますよ〜みたいにランプが点灯し、信号待ちで止まるとエンジンが「ストン!」と止まってしまう。当たり前だけど、変な感じ。(^_^;)
ブレーキを話せばすぐに再始動するので、こまめにこれを続ければ燃費が良くなるんだろうなぁって実感できました。

自分の乗っている車はぼちぼちフルモデルチェンジかな?と思い、サービスさんに探りを入れてみると、多分今のモデルでもう少し行くかもしれないだろうと…。しかし、デミオと同じアイドリングストップ機能を搭載した新型エンジンが開発され、違う車種が新発売されるので、もしかするとこのエンジンを流用したモデルがとの噂を…。

まぁ、想像の話でもあるので、現実味は薄いかもしれないですが、もしこの話が本当なら次の選択肢に十分考えられるモデルになるかもしれません。
posted by 胡麻衛門 at 11:31| Comment(2) | 車のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

パイプ交換

本日は、お休みだったので、朝から美容院とディーラーへインテークパイプの亀裂の部品を交換に行ってきました。

幸い、ディーラーに在庫があったので、交換はすぐできたのですが、明細にはしっかりと「技術料」の文字が・・・。

要は、自分で取り付ければ浮かせられる料金なんだけど、整備の人に頼むときにに聞けばよかった。バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

これで、無駄金が約3000円ほど飛びました。

で、ついでに右のスライドドアに水が溜まるのも聞いてみたんですが、もともと水は入るらしく、普通はすんなりと排水されるらしい。(ホントか?)
左のスライドドアの同じ部分を見ても、水滴らしきものは見当たらないけど…。

で、一応排水のつまみらしきものをいじったらしいのだが、取り外して処置をしたような気配がない・・・。ちょっと触って回りの浮いている錆もちょっとだけ取れました。程度。パーツ量販店では整備している場面が休憩しつから見ることができるが、ディーラーはそれができない。

「やりました」といわれれば、後は信用の問題。
一応、「やった」というのだから、信用するしかない、幸か不幸か今日は雨が降っている。これでスライドドア内に水が溜まっていなければいいのだけど。

それと、交換したパイプですが、案の定、裏側もパックリと亀裂が入っていました。
交換後のパイプはとても柔軟性があって、こんなにやわらかくて大丈夫?と思うほどです。が、自分の記憶があいまいなのですが、連結してくっついているエアークリーナーのボックスがあるのですが、これが思いっきりグラグラでした。

前はもっとカッチリ固定されていたと思うんですが、固定されているビスはきっちり締まっているし、他にあるとしてもクリーナーボックスの下側だろうなぁ。う〜ん、疑っては申し訳ないが、ちょっと雑な感じを受けました。

また日を改めて、ぐらつきをチェックしてみたいと思います。
posted by 胡麻衛門 at 20:34| Comment(0) | 車のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月09日

ATでエンスト!?

ここ数日の車ネタでいろんな情報を見ました。中でもエンジンのトラブル?というか、経年劣化で吸気系のパイプが破損し、アイドリングが安定しないというトラブル。

画像が掲載されているHPもあったので、自分の車もすでに5年超。
もしかして可能性があるかも?と見てみたところ、目視できる部分で亀裂が見られました。たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)
HPなどでは、裏側がパックリ割れているという情報もあり、もしかすると裏側はもっと亀裂が入っている可能性が…。

実際、自宅にバックで止める際に、若干の勾配がありノッキング気味なのは気になっていたのですが、こういった仕様なんだと思ってましたが、実際に目の当たりすると、ショックですね。

ひとまず、亀裂にはガムテープで応急処置をして、ディーラーで部品を取り寄せてもらう事にしよう。今思えば思い当たる現象がチラホラしていたかもしれない。

平坦なのに、やけにATのギヤが4速まで上がってしまうとか…。

今度の休みにはディーラーへレッツゴー!!
posted by 胡麻衛門 at 13:06| Comment(0) | 車のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

正解はどっち?

前回、アナログフィルムアンテナの端子をワンセグチューナーに接続してみたところ、意外にも効果があった事を記事にしました。

そこで、通常ならイヤホンを端子を2個に分配するアダプターを利用し、アンテナ2本を1本に集約して感度が良くならないか?と考えたのですが、ちょっと考えが甘かったようです。たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)

いろいろ調べてみると、ブースターを付けると感度が良くなったとの書き込みがチラホラ。
でも、すでに付いているフィルムアンテナやアンテナセレクタにはブースター機能がないのかどうか疑問になってきた。

オーディオメーカー純正品と、ディーラーオプションの製品では形は似ていても管理コードが違ったり微妙な仕様変更もあるようだ。ひとまずオーディオメーカーと、自動車メーカーに問い合わせを行ってみた。

オーディオメーカーからの回答は…。
フィルムアンテナとセレクターなので、ブースター機能はありませ〜ん。


自動車メーカーからは…。
自動車メーカーが管理している品番の製品である事が前提ですが、アンテナセレクタにはブースター機能がありますよ。


ってことは、アンテナセレクタから出ている信号は増幅されてるってことか?
でも、アンテナセレクタから出ている端子をワンセグに流用するには、端子の形状があまりにも特殊すぎ。断念するほうが得策かも。

配線に詳しければ変換させることもできるのだろうけど、ここはプラン変更で、今の受信環境をアップさせるブースターを接続するのが無難だと思う。
いろいろ探ってみているが、なかなかポン付けでできるブースターが見つからない。お値打ちにステップアップできる方法は無い物か…。
posted by 胡麻衛門 at 12:42| Comment(0) | 車のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バッ直なり

ナビの不具合事件から立て続けに車ネタです。休日は朝から車に閉じこもってエンジンルームやら、インパネ周りをばらしたり配線の取り回しと格闘しております。

で、またもやゲットしたのはこの商品。オーディオ関連の電源をバッテリーから直接つなげるというもの。純正オーディオでもそれなりの効果が出るそうなので、価格もお手頃だったのでポチリました。

image-20110605065715.png


カー用品の電材メーカーからも同じ類の製品は出ているのですが、配線中にあるヒューズが特別品らしく、容易に入手ができないらしい。そこで、またもやググってみるとオーディオ関連のメーカーから商品が出ている事をしって、早速ゲット。

配線関連はだいたい想像ができているので、問題無く完了するはずでした。そう「で・し・た。」です。たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)

パッケージの裏面の配線図とにらめっこして、エンジンルームから配線を引き込みオーディオ近くまで引っ張ってきました。で、オーディオの配線を見て唖然。がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

純正品はナビ本体から車両側のコネクタにピンの数を変える、変換ケーブル1本でつながっている。新たに配線したケーブルを接続する端子が無い…。exclamation&questionexclamation&questionexclamation&question

しばし考え、純正の配線の常時電源とACCをカットを決行。もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)

一応、元に戻せるように配線を加工。で、いざ配線をつなげてみると電源が入らない。もうやだ〜(悲しい顔)

ヒューズなどの確認をしてみるが、特に問題もないし配線ミスが濃厚な感じ。
結局ラウンド1は時間切れのため、その状態で元に戻し、ラウンド2へ。

その間に、mixiやみんカラなど、いろんな情報を探ってみるが配線方法を1から説明してる物が無く、製品のコメントが見つかるだけ。ふらふら
しかし、mixiのコミュで質問したところコメントが付き、コレがきっかけになり自分の配線漏れがある事が発覚。バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

早速、ラウンド2に取りかかり、接続していなかった配線をつなげ、キーを回すと見事起動。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

率直な感想としては、音質も改善された「気」がします。測定装置などを使ったわけではないですが、中低音が良く出ている感じに聞こえます。また、音量も以前はボリュームの数値が50以上だったのが、40後半で同じ音量に達します。

中低音がいい感じになったのですが、今度は高音域が物足りない感じ。





という事は、ツイーターの追加?とつながる訳ですね。あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

posted by 胡麻衛門 at 06:56| Comment(0) | 車のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。